Posted by

意外と簡単!カフェ風部屋を作る6つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

1030_main3
お部屋づくりをするとき、イメージは大切ですよね。
北欧風やアジアン風など、さまざまなテイストがありますが……その中でもカフェ風部屋は人気!
洗練されつつも温かみのある空間になりますから、とってもリラックスできますね。

ただ、このカフェ風、実際に部屋づくりをするとなかなか難しいもの。
やり方によっては殺風景になり、くつろげない部屋になるかもしれません。

今回はそんなカフェ風部屋をつくるときに欠かせないポイントを6つご紹介しましょう。

1.木材をできるだけ統一する

1030_1
カフェ風部屋を目指すとき、欠かせないのが木材。
木のテーブルや家具など、木材の温かさは癒しを与えてくれますよね。

しかし、バラバラの色合いを使用していると、統一感のない空間になってしまいます。
木目がハッキリしていて白い「ホワイトオーク」を使えば、明るい印象に。

アジアン風や和風カフェを目指すのであれば木目が暗い「ウォールナット」を使用すると雰囲気が出ます。
デザインだけでインテリアを決めず、素材にも注意してお部屋づくりをしてくださいね。

2.家具はアンティークも視野に入れて

1030_2
同じカフェであっても、まったりと過ごせるお店とそうでないお店があるのを何となく感じたことがあるのではないでしょうか。

なぜそのような違いが出るのか……その答えは木材の印象。
特にテーブルなど木材でできているインテリアは、少々くすんだ使い込まれたものの方が素朴で柔らかな印象を与えます。
独自の艶が温かみを生むもの。

最近は新品でも既に使い込んだ加工を施しているアイテムもありますが、いっそのことアンティーク家具を視野にいれるのも手ですよ。

3.照明を間接照明orペンダントライトに

1030_3
どんなにインテリアに凝っても、照明が通常の蛍光灯では台無し。
カフェ風のお部屋にしたいのであれば、できるだけ間接照明にしてみましょう。
独自の陰影やコントラストがつき、お部屋の雰囲気を盛り上げます。

しかし、手元が明るくないと困る場所もありますよね。
そんなときはペンダントライトを活用してください。

蛍光灯タイプであれば電球色を選ぶようにすると「カフェ部屋感」が高まりますよ。
とにかく部屋をカフェっぽくしたいときには、シェードと電球の色を変えるだけでも雰囲気がガラッと変わります。

4.お気に入りのソファーを置いてリラックス

1030_4
カフェ風部屋にはリラックスできるソファーがほしいところ。
テイストやカラーにこだわらず、座り心地のいいお気に入りのソファーを選んでください。

迷った時のおすすめは懐かしい感じのするレトロなソファー。レザーやモケット素材のソファーはお気に入りのカフェのようにお部屋をお洒落に演出してくれます。
座って本を読んだり寝転んだり、気持ちいい時間を過ごせますよ!

5.かわいい食器は思い切って飾る

1030_5

カフェ風のお部屋をつくるとき、できるだけモノを隠そうとするはず。
デザインが好みで買ったカップやもらった絵皿など、お気に入りの食器は隠していてはもったいない!

かわいいカップやカフェオレボウルであれば、中にお菓子を入れるだけでアクセントになります。
食器も立たせて飾る用のスタンドがありますから、利用してインテリアとして使用してください。

6.カフェ風部屋に観葉植物はマスト

1030_6
インテリアを統一し、かわいい食器を飾ってみても……まだ何か足りないと感じるはず。
足りないモノとは、観葉植物。

カフェ風部屋の場合、色はブラウンやオフホワイトが多くなるはず。
ブラウンとオフホワイト、そしてグリーンの相性は最高です。
また、緑はそこにあるだけで癒しを与えてくれます。
さらにリラックスできる雰囲気になりますから、ぜひ取り入れてくださいね。

お世話が苦手な人は「ポトス」や「パキラ」がオススメ。
アジアン系のカフェを目指すのであれば「モンステラ」も良いですね。
どれも初心者でも手入れがしやすく、街の花屋さんで購入できますよ。

カフェ風部屋を作るポイントまとめ

いかがでしたでしょうか。
この6つのポイントを抑えておけば、まったり過ごせる素敵なカフェ風部屋になること間違いナシ。
お気に入りの紅茶やコーヒーと共に、自宅カフェを満喫しちゃいましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加