Posted by

失敗しない加湿器の選び方!機能別で比較!

このエントリーをはてなブックマークに追加

加湿器メイン画像
超音波式アロマ加湿器 SablierWood

冬は空気が乾燥する季節。肌もカサカサ、喉もガラガラ、周りで風邪が流行……
そんなときにお世話になるのが加湿器。

スイッチ一つで乾燥の悩みを解決してくれる、とっても頼もしい存在ですよね。
ただ、加湿器といってもさまざまな種類や機能があるので、
どれが良いのか迷ってしまうもの。

今回は絶対に後悔させない!加湿器の選び方をご紹介します。

基本的な加湿器の選び方。種類とメリット・デメリット

一言で加湿器といってもさまざまな種類があります。
少々迷ってしまいますが、あなたのライフスタイルにあったモノを選んでくださいね。

【スチーム式加湿器・スチームファン式加湿器】

最もシンプルな加湿器。
ヒーターで水に熱を加えた後、スチームを発生させます。
シンプルな仕組みながらもとってパワフルですよ。

◎メリット:加湿機能が高い/部屋が温まりやすい/すぐに加湿できる/菌が増殖しにくい
×デメリット:常にヒーターを使用しているので他と比べて電気代コストがかかる/吹き出し口が熱くなるのでお子さんのいる家庭では注意

スチーム式3

【超音波式加湿器】

超音波式3超音波の力で冷たいスチームを発生させる仕組み。
温める必要がないので電気代コストはかからないのですが、掃除を怠ると菌が発生しやすい傾向があります。しかし、最近では雑菌問題をクリアするために、抗菌フィルターがついている加湿器が多くなっています。

◎メリット:電気代が安い/熱くならないのでお子さまがいても安心/動作音が静か
×デメリット:冷たい蒸気なのでお手入れをおこたると、菌の繁殖が心配

関連リンク:超音波加湿器一覧!

【ヒーターレス式加湿器】

ヒーターレス式または気化式とも呼ばれています。水はそのまま置いておくと、自然に気化しますよね。その仕組みを利用した加湿器で、水をしみこませたフィルターに送風する方法。

◎メリット:ヒーターを使わないので電気代が安い/熱くならないのでお子さまがいても安心
×デメリット:加湿までに時間がかかる/動作音が大き目/部屋が温まりにくい

加湿器気化式

【ハイブリッド式加湿器】

加湿器ハイブリット式1ハイブリッド式または温風気化式と呼ばれています。スチーム式と気化式の両方を取った、まさに名前のとおりハイブリッドなタイプ。

基本的には水を吸い込ませて使用する気化式と同じなのですが、ヒーターも使用しているので急速な加湿を実現。ヒーターといっても一部分だけなので、電気代もかかりません。

○:スチーム式よりも電気代がかからない/加湿までのスピードが速い
×:動作音がやや大きめ

こうしてみるとハイブリッド式が優秀ではありますが、その分お値段はやや高め。
お部屋や使用頻度、ご家族の構成をトータルで考えて選んでくださいね。

関連リンク:ハイブリッド加湿器一覧!

個性派加湿器の選び方もチェック

どの加湿器も魅力的で迷う……そんなときは付加価値のあるモノを視野に入れてみるのも良いかもしれませんね。

頻繁にお水を入れるのが面倒な方には大容量タイプがオススメ。
通常の加湿器の自宅で過ごす時間が多い方にはぴったりですね。
ただし、あまりにも大きなサイズはパワーも強いので、結露の原因に。
使用するお部屋とのバランスを考えた方が良いかもしれません。

リラックスしたい方にオススメなのがアロマ機能付き。
アロマオイルを注入すると、霧と共にアロマオイルが噴出されます。
お部屋中にほんのり香りますから、寝室につかうと一日の疲れが癒せますね。
加湿器アロマ2

加湿器大容量
お部屋のインテリアにこだわっている方の場合、いかにも電化製品!といったデザインの加湿器を置くのは気が進まないはず。

しかし、最近はデザイン性にすぐれた加湿器が続々登場。一見加湿器とは思えない雑貨のようなデザインやウッド調のカラーリングなど、お部屋にマッチするデザインも多数あります。

機能だけでなく見た目にこだわるのも◎。

加湿器の選び方まとめ

最後に……どんなにスゴイ加湿器を使用しても使い方を間違っては意味がありません。

基本的な使用方法として、まず最初に気を付けたいのがお水。カビや菌の繁殖場所になりますから、水が付着する場所はこまめに掃除をしてください。
お水が少なくなったかな~と感じたとき、継ぎ足しは厳禁。残っている分も一度すべて流し、キレイに洗ってからお水を入れてくださいね。

また設置場所は換気扇やエアコンの吹き出し口は避けて。排気口では加湿した空気がすぐに外に出てしまいますし、エアコンの下は乾いた空気を感知して必要以上に加湿、結果としてお部屋内の結露・カビの発生を招く危険性が。

加湿器は操作が難しい家電ではないので、説明書を読まずにポイッとしてしまう方も多いはず。一度きちんと確認してみると、その加湿器が最大限の実力を発揮できる環境が書いてあるかもしれませんよ。
加湿器の選び方を参考に快適な冬をお過ごしください。

まとめ

ご紹介したアイテム

今回ご紹介したアイテムは おすすめ加湿器特集 でご覧頂けます。

このエントリーをはてなブックマークに追加