Posted by

狭い部屋でも広くおしゃれに見せる裏ワザ大公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加

狭い部屋でも広くしゃれに 玄関のドアを空けると廊下があり、その先にダイニング、 そしてまた別にベッドルームがあって……。 ドラマの世界の一人暮らし主人公は、 広々としたモデルルームのようなお部屋に住んでいますよね。 そのような生活に憧れを抱きつつも、実際の一人暮らしではなかなか実現できないもの。 コンパクトなお部屋になりがちですから、生活感が出てしまいますよね。 狭いけれど……できるだけおしゃれに広く見せたい!という方、必見です!

お部屋の中に生活導線をしっかり確保

朝起きると洗面台に行くまでにテーブルが邪魔……など、 お部屋の中でプチ遠回りをしていませんか? 当てはまる方は家具の配置を変えるだけで広く感じるかもしれません。 あなたが普段、お部屋の中でどう動いているのかを思い出してください。 暮らしやすいように配置を変えてみると視界を遮るモノが減るので、 見た目がスッキリします。 それだけでなくストレスも減りますから、以前よりリラックスできるお部屋に! 生活導線

お部屋にあった色使い

インテリアの色を統一するのはおしゃれな部屋を目指している方にとっては基本ですよね。 さらにお部屋を広く見せたいのであれば、居室の壁の色も意識してください。 例えば真っ白な場合、同じような色の家具を壁際に配置。 すると、壁の色とインテリアが同化してお部屋が広く見えますよ。 また、全体的に濃い色よりも淡い色を選ぶようにしてみましょう。 どうしても黒など濃い色が好きな場合はポイントづかいにし、 できれば一部が木製になっているなど淡い色部分もあるおしゃれアイテムを選ぶと◎。 カラーを統一

背の低い家具と高い家具の合わせワザ

高さを揃える狭いお部屋を広くおしゃれに見せる方法として、いちばんメジャーなのは「低い家具を選ぶ」こと。 高くても腰の位置より下程度の家具がベストをされています。 しかし、低い家具はどうしてもお部屋が散らかりやすい傾向が……。 その辺りに適当にポイッと置く感覚と同じなので整理整頓がしづらくなったり、単純に小さいので収納力がなかったりするのです。 問題を解消するためには、背の低い家具だけでなく高い家具を取り入れて! お部屋から入って手前には背の高い家具、遠くには低い家具を意識して配置すると、 遠近法によってお部屋がググッとおしゃれに広く見えます。 ただし、背の高い家具はやはり圧迫感がありますから、置きすぎには注意してくださいね。

壁につける家具の高さを合わせる

PUZZLERACK(パズルラック) 家具の高さがバラバラなのはお部屋がゴチャゴチャとおしゃれに見えない原因の一つ。 できるだけ同じ高さに、そして天板部分が直線になるアイテムを選んでください。 同じラインやコレクションの家具であれば、高さがそろっている場合が多いですよ。 だいたいの高さはあっているのだけれど数センチの差がある……。 そんな場合は上部分に布をかけるとおしゃれにごまかせますよ。

ガラスアイテムを利用する

ガラステーブルテーブルはお部屋の中心に配置することが多いですね。 そのテーブルをガラス製に変更するだけでお部屋を広く感じます。 この一か所を変えるだけでスッキリ見えるのでオススメです。 また、お部屋自体もモダンでおしゃれな雰囲気になりますし、比較的どんなテイストのお部屋にも合うのもうれしいですね。

姿見は奥行&空間広々を演出する優秀アイテム

鏡鏡があるとお部屋が反射しますから、その分奥行を感じます。 クローゼットを置くのであれば一部が姿見になっているタイプを選んでくださいね。 その他にも、独立した姿見を置くのであればアクセントになるおしゃれな小さめラグも一緒に配置。 そうするとお部屋に入ったときの視線が集まり、ほかのゴチャゴチャとして部分が目に入らなくなってスッキリ!

狭い部屋でも広くおしゃれに見せる裏ワザまとめ

インテリアなどで広くおしゃれに見える演出も大切ですが、 それ以上に気を付けたいのが整理整頓。 ……ドキリとした人も多いのでは? コンパクトなお部屋が散らかっていると、余計に狭く感じるもの。 お気に入りのアイテムをのぞき、できるだけクローゼットや引き出しなどにしまうことを心掛けてくださいね。 ズボラだけれどもおしゃれなお部屋にしたい!といった方には お部屋の雰囲気に合った「スタッキングボックス」がオススメ。 見た目がおしゃれなだけでなく、1段目には化粧品、2段目には文房具……などと ざっくり簡単にお片付けができますよ。

GUM

スタッキングボックスはこちら!

カラステーブルはこちら!

ジグザグラックはこちら!

このエントリーをはてなブックマークに追加