Posted by

お洒落なだけじゃない! デザイン家電のすすめ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

家電メイン

いま住んでいるお部屋をちょっと見渡してみてください。
もちろん椅子やテーブルや、収納の棚といった家具たちがたくさんあることでしょう。

でも、そのほかにお部屋には「電気が必要なモノ」が、かなりあることに気づくはず。あたりまえに使っている、キッチンにあるいろいろな調理機器や、ヒーター、空気清浄機、加湿器・・・などなど。

こうしたものは「家庭電化製品」=家電(カデン)と呼ばれるものたち。インテリアのかなりの場所を占めている家電は、気に入ったデザインで機能性も高い製品を選びたいところ。
せっかくソファやテーブル、ダイニングなどをこだわって選んだのに、なんだか近くにある家電で雰囲気台無し・・・なんてことになると、少し悲しくなりますよね。

少し前まで日本の家電は機能・品質に重点をおいており、デザイン性が高く、性能も良い商品は少なかったのですが、近年は「GreenFan (グリーンファン)」で一世を風靡した「BALMUDA(バルミューダ)」や、ドーナツ型の加湿器であっといわせた「±0 (プラスマイナスゼロ)」といったデザイン面・機能面・品質にもすぐれた「デザイン家電」を発売する日本メーカーも登場してきました。

そこで今回は、特に生活の中で使う身近なキッチン機器や、室内の空気の調整などに機能を発揮するアイテムを中心に、お洒落にデザインされ、かつ機能面にも優れた「デザイン家電」を中心に紹介します。

プラスマイナスゼロ_グリーンファン

キッチンで使う家電のデザインは特にこだわりたい

キッチンには電気を使った機器がたくさんありますが、お気に入りの食器やキッチンまわりのインテリアにマッチしたデザイン家電を選びましょう。

ブルーノコンパクトホットプレートまずオススメしたいのが「BRUNO(ブルーノ)」のコンパクトホットプレート。

平面プレートではお好み焼きやパンケーキ、ローストビーフ、ピザなど、たこ焼きプレートではたこ焼きやベビーカステラなどを焼くこともできます。

角がまるくカットされた琺瑯仕上げのようなデザインもカワイイ!
ホームパーティーなどで盛り上がること間違いナシですよ☆

ビタントニオミキサー
ブレンダー、ジューサー・ミキサーも必需品ですよね。

「Vitantonio(ビタントニオ)」のVBL-10という製品は写真のようにデザイン性が高いものですが、性能もピカイチ。
6枚ノコギリ刃×250Wのハイパワーで繊維もサラサラになり、ドライとウェットの2WAYで使えるミルも付属。
スムージーなどのドリンクはもちろん、コーヒー豆を挽いたりドレッシングを作ったりもできる万能選手なのです!

また、同じ「Vitantonio(ビタントニオ)」ブランドで有名なのが「ワッフル&ホットサンドベーカー」。丸っこいかたちがカワイイですね。

これ1台でまるでお店のような外はサクサク、中はふっくらしたワッフルと現在人気のホットサンドを簡単に作ることができちゃいます。

そしてデザインだけでなく900Wのハイパワーなので調理時間は短くできる優れもの。
プレートはフッ素樹脂加工が施されたいという高性能な製品なのです。
ホットサンドベーカー

電気ケトル(Electric Kettle)そして電気ケトルもキッチンにあると便利なもの。一押しは「±0 (プラスマイナスゼロ)」の「Electric Kettle」。

これは2008年にグッドデザイン賞も受賞しているお墨付きのかたち。
容量は200~800ml、200mlなら約2分でお湯が沸きます。

万が一空焚きしても電源は自動で切れます。白色のシンプルで一見、ポットのようで「家電」にはみえないところもイイですね!

オーブントースターは機能・デザインともによいものを!

トーストはお餅、焼き魚やグラタンなど、特に一人暮らしの人には心強いキッチン家電。
最近は、数千円からと比較的リーズナブルなお値段でからデザイン性の高い製品も次々に発売されています。

小振りなサイズながら、パワーがあってローストビーフやパエリアなど本格的な料理も調理できる「Vitantonio(ビタントニオ)」のオーブントースター。トーストも4枚やけちゃいます。ステンレススチール製の銀色のボディもプロっぽい印象でインダストリアルなキッチンのインテリアにぴったり!
ビタントニオ オーブントースター

プラスマイナスゼロオーブントースターまた、お洒落な日本の家電や雑貨メーカーとして有名な「±0 (プラスマイナスゼロ)」」のオーブントースターも要チェック! これは食パンを連想させる縦長のデザインです。

扉は前面がフルに開き、グリルは上下2段になっていて、トーストだけでなく小さなプレート料理にも向いています。カウンターに置いてもカッコイイ。

ソロオーブン
そして、「食べたい時に1枚分だけ」というコンセプト作られた「recolte(レコルト)」というブランドの「ソロオーブン」こちらは食パン1枚分のオーブントースター。

小さいながら下段でトースト、上段でちょっとしたグリル料理もできる働き者。
特に一人暮らしの忙しい朝に大活躍してくれるカワイイ実力派です。

お部屋をポカポカに暖めるデザイン性の高いヒーターたち

最近の電気式の暖房機器=ヒーターもデザイン家電と呼ばれるお洒落なモノが増えています。
その中でもセラミックファンヒーター、カーボンヒーター、そしてパネルヒーターから、デザイン性の高いものを紹介します。

まず、人気のセラミックファンヒーター「BUCKET(バケット)」はデザイン家電ブランドとして人気のBRUNO(ブルーノ)製。

これは「バケット=バケツのように持ち運ぶこと」をコンセプトに、軽量・コンパクトに設計されているので、デスクの下はもちろん、キッチンや洗面所などに持ち運べる手軽さが魅力的! サイズはハンドルを除いて幅21.5cm、高さ14.5cm、奥行き14.5cm、重さ約2.1kgと小ぶりながら、最大900wのパワーで足元を暖めてくれる逸品です。
ブランコセラミックファンヒーター

プラスマイナスゼロ_カーボンヒーターカーボンヒーターは炭素系発熱体を使っているので遠赤外線効果がハロゲンヒーターの2倍あり体の芯まで温める効果があります。「±0 (プラスマイナスゼロ)」の カーボンヒーターは、そんなカーボンの特性を活かして、1000Wのハイパワーでリビングでも快適な性能を発揮します。注目したいのはそのデザイン。少しレトロな雰囲気もある丸みを帯びたタワー型で、色もホワイト、ベージュグレー、ブラウンの展開でさまざまなインテリアにマッチしますよ!

ビンタニオ_マイカパネルヒーター
パネルヒーターは電熱線から直接輻射熱を発生させて、オイルヒーターと比べるとすぐに暖まり軽量で取り回しがラクなので最近人気の製品です。「Vitantonio(ビタントニオ)」の「マイカパネルヒーター」は放射熱と輻射熱の
2つで身体も部屋も効率的に暖めてくれるヒーター。本体のみの厚さは約9cmで、デザイン性の高さだけでなくオフシーズンにはちょっとした隙間に収納できる便利な暖房器具です。なにより温風が出ないので埃も上がらず、肌や喉の乾燥の心配がないのはポイントが高いですね☆

加湿器やアロマディフューザーも、お洒落なデザインをチョイス!

部屋がエアコンなどで乾燥してしまうと喉を痛めたり、肌が荒れてしまったりしてツライことはよくありますよね。

特に空気が乾燥している冬場は深刻な問題です。
そこで適度な湿気を与えてくれる強い味方が加湿器。
でも売り場に行っても「決め手に欠けるなぁ」と思っている人も多いはず。

レイン普通の加湿器はタンクに水を入れて設置するものがほとんど。でもこの「BALMUDA(バルミューダ)」の「レイン」は、タンクの要らない「タンクレス構造」の加湿器。本体に水を入れるだけのシンプルな作りです。レインは酵素プレフィルターで空気の流入時に除菌を行い、ボウルの中の水の劣化も抑制します。さらにホコリを取り除くと同時に、空気中に含まれる細菌を分解し、ウイルスやカビも不活化。清潔な空気を加湿して送り出します。そして本体上部のコントロールリングを使用する新しい操作方法。余計なボタンがないデザインも特徴です。オブジェのような美しいデザイン家電の加湿器で健康な日々が送れそうですね。

次に紹介するアロマディフューザーもきれいなフォルムをもつデザイン。
これは「±0 (プラスマイナスゼロ)」のもの。水とアロマオイル1、2滴を入ると約8畳の広さで香りを楽しめます。

理科の実験で使った三角のフラスコのようなディフューザーをデザインしたのは日本を代表するプロダクトデザイナー・深澤直人(ふかさわ・なおと)氏。

このアロマディフューザーは、ほのかな光と香りが同時に楽しめるインテリアとしても優れた「デザイン家電」といえるしょう。
フラスコ

デザイン家電のすすめまとめ

いま、使っている「電気が必要なインテリア製品」を見直してみてください。
よーく考えてみると「この色や形が、インテリアにあってないなー」と感じることもあるかもしれません。そんなときは思い切ってデザイン重視で買い替えてみても。

特に調理機器など使用頻度が高い、生活に密着した家電たちは「毎日、目にする」もの。
できれば気に入ったモノを選びたいですよね。

大切なことはデザインと機能性です!!
必要としている機能が備わっているか、電力なども十分にチェックしてくださいね。

おしゃれで機能・品質にも優れた「デザイン家電」と呼ばれるものたちもお気に入りの家具や雑貨と同じ「大切なインテリアのアイテム」のひとつ。
お部屋にうまく取り入れて快適な生活をおくりましょう!

まとめハンドブレンダー

このエントリーをはてなブックマークに追加