Posted by

デスク周りをすっきり!仕事もはかどる収納術

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事はかどる2

毎日お仕事、お疲れさまです!業種にもよりますが、一日のうち7時間以上を過ごすデスクは快適でいたいもの。ゴチャゴチャとしたデスク周りでは「あれ?あの書類はどこ?」なんてプチ捜索が行われることも多くなり、効率が悪くなります。実際にデスクがキレイな人の方が仕事がデキる!なんてデータもあるそうですよ。

今回はいつものお部屋のインテリア術から飛び出し(?)、会社のデスク周りの収納術をご紹介。「あの人、仕事もデキるしデスクもオシャレできれい!」と言われる人になっちゃいましょう~。

トレーを活用

トレー
引き出しなどの収納術でメジャーなのがトレー。一つ一つの場所が区切られているので、デスクの引出しに入れるだけですぐに使えることから、既に活用している方も多いのでは?しかし、一つの枠の中に詰まってしまったり、結局はトレーの中でゴチャゴチャになってしまうことも多いんですよね……。

トレーを活用する際は「一つの枠の中に置く数は最低限で」がポイント。ハサミと定規だけを入れておく枠など、何種類も入れるのではなく少数を入れておくと整理しやすくスマートです。

デスクの上には中が見えないタイプのモノを

モバイルステーション小物用にミニ引出し式ボックスや書類用にマガジンラックをデスク周りで活用している方も多いはず。それらに透明なタイプを使用していませんか?
いくらキレイに片づけても、スケルトンなアイテムは中身が透け、ゴチャゴチャとして見える原因に。できれば色のついたモノや、カジュアルすぎるときは乳白色に近い半透明タイプを利用するとスッキリきれいに見えますよ。

ペン立ては複数用意

頻繁に使うボールペンなどはすぐに取れるようにペン立てを利用している方も多いのではないでしょうか。一つのペン立てを利用すると、どうしてもゴチャゴチャとしてしまいがち。使いたいペンがすぐに取れず、モタつきの原因にもなりますよね。

できればデスクの上に複数のペン立てを利用するとスッキリします。高さの違うモノを3つ程度用意し、高さや種類に合わせて変えるのがベター。その際に同じデザインを使用するとさらにオシャレに見えますよ。100円ショップなどで手頃な瓶を用意してペン立て代わりにするのも良いですね。

アポストS

使用頻度の高いコマゴマとしたアイテムはまとめる

オムニタッセ付箋やノリなど、使用頻度が高いアイテムは別途まとめてしまいましょう。

バラバラに収納してしまうと戻すのが面倒になり、結局はデスクの上に出しっぱなしになる原因。

PCを使う職場であればモニターとキーボードの間に小物入れを置くだけで、デスクの周りが驚くほどスッキリするはずです。

ケーブルのゴチャゴチャを整える

PCを使う仕事をしている場合、コードはゴチャゴチャの原因に。他の人がコードにつまずいてシャットダウン!なんて最悪の事態も……。収納術だけでなく安全面で考えても、コード類はまとめてスッキリさせておくべき。

最近はかわいらしいケーブルホルダーも多数あります。なかには、デスクで充電中のスマートフォンとケーブルをまとめて片づけてしまう優れものも。

ウォールナットコードボックス

まとめ

デスクのまわりの収納術で最大のポイントは、必要最低限のモノだけを置くこと。気づけば黒色ボールペンが10本以上……私って千手観音!?ではなかなか片付きません。良く考えてみればお気に入りのボールペン+予備で2~3本程度あれば十分ですよね。

また、書類もなんとなくガサッとマガジンラックに入れておく……というのではなく、「頻繁に利用する」「保存版」と分け、さらに「近々不要になるかも」の3つに分けて収納をすると溜まりにくいでしょう。

定期的にデスク周りの整理整頓をするだけでなく、そもそもモノを増やさないようにすることも大切。厳選された自分のお気に入りのアイテムに囲まれて気持ち良く楽しくお仕事しちゃいましょう!

まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加