Posted by

迷った時の参考に♪お部屋に合うおすすめ、テレビ台の選び方!

このエントリーをはてなブックマークに追加

150320_top

私の家のテレビ、42インチなんだけど・・・・・・どんなテレビ台がいいんだろう?うーん、悩んじゃいますね。なんとなく選んでイマイチしっくりこない、ということはありませんか?

販売されているたくさんのテレビ台の中から、テレビにあったサイズ感、用途にあわせたデザインを探すためのお手伝いをさせていただきます♪

まずは、テレビの大きさを確認

テレビのサイズ 横幅
30V型 約64cm
42V型 約96cm
47V型 約107cm
50V型 約113cm
58V型 約130cm

*同じメーカーでも販売年度や機種により違いがあります。あくまでも目安として確認してください。

これからテレビを買うというみなさん、同じ値段なら迷わず大きなテレビ!というチョイスはNG。確かに大きな画面は臨場感たっぷり、ホームシアターのようですが、画面が大きくなればなるほどテレビとの距離を確保しなくてはなりません。お部屋の大きさやテレビ回線の位置、窓を邪魔しないかなど確認して選びましょう。

テレビ台の選び方チェックポイント

150320_01
1.高さ
理想はテレビを見る目線が30cm~50cmほど下になる高さ。下向き目線は疲れにくいといわれています。ライフスタイルによって床に座って見る、ソファで見る、ダイニングのイスから見るetc・・・いろいろなシチュエーションがあります。どの高さから見るのか考えてみましょう。アジャスター式の脚がついたテレビ台なら高さを変えることができますよ。

150320_02
2.視聴距離
最適な視聴距離はテレビの高さの約3倍、4Kテレビならテレビ高の約1.5倍といわれています。42インチテレビの場合、テレビの高さが70cmですから理想の視聴距離は100cm ~ 210cmとなります。

150320_03
3.幅
テレビ本体とのバランスを考えると、横幅はテレビより大きいほうが落ち着いた印象になります。42インチテレビなら幅が96cmなので、100cm以上のテレビ台がおすすめ。

ゲーム機やAV機器などがある場合はそれらの設置場所、DVDなどの収納場所も考慮して選んでください。AV機器の格納スペースは静電気でホコリがつきやすいので、気になる方はガラス扉が付いているものが良いかも。

150320_04
4.耐荷重
ごく初歩的なことですが、テレビの重さに耐えられるテレビ台かどうか・・・非常に重要です。たいていのテレビ台は現状のテレビの重量を考慮して設計されていますが、メーカーによってテレビの重さは異なるので要チェックです。

タイプ別にテレビ台を選ぶ

目安となるテレビ台の大きさはわかりましたか?それではタイプ別にどんなものがあるかご紹介しましょう。

150320_05
1.ハイタイプ
リビングに最適で、テレビ台というより収納家具のひとつ。収納力があり、高級感を感じさせます。テレビのみならず、たくさんのものをすっきり収めてハイグレードなお部屋に仕上げます。面積が大きいので色に気を使いましょう。

→ ハイタイプのテレビ台はこちら!

150320_06
2.ロータイプ
圧迫感を感じさせることなく大型テレビを設置するならロータイプを!寝ころんだり、床に座って見ることが多い方におすすめです。お部屋を広くみせることができるので、ひとり暮らしや自室にテレビを置きたい場合にピッタリです。

→ ロータイプのテレビ台はこちら!

3.伸縮タイプ
イチおしはこのタイプ!間取りにとらわれないので、引っ越しやお部屋の模様替えなどが多い方におすすめ。もちろん、テレビの大きさが変わっても対応できます。

このタイプは台の幅だけでなく、形を変えることもできるので(I型⇔L型)コーナーに設置することも可能です。収納やディスプレイ、ちょっとした作業用のスペースとしてバラエティに富んだ使い方ができます。

→ 伸縮タイプのテレビ台はこちら!

150320_08
4.コーナータイプ
ひとり暮らしや子供部屋など、限られたスペースを有効に使うならコーナータイプがおすすめ。視聴距離を取りやすいのもメリット。ただ、形が特有なのでコーナー以外で使うことはできません。お部屋の模様替えには不向きです。

→ コーナータイプテレビ台はこちら!

150320_09

5.キャスター付き
簡単に移動できるから、お掃除のときはラクラク。ただし重量がありますから、フローリングの床や設置面にキズをつける心配がないか注意が必要です。無機的な雰囲気になりがちなテレビ台まわりですが、観葉植物などを置いて優しいオシャレな雰囲気を演出しましょう♪

テレビ台の選び方まとめ

テレビの大きさをチェック!視聴距離を確認しましょう。テレビ台の高さは目線が下向きになる程度に、幅はテレビ本体よりやや大きめを。耐荷重はしっかりチェックしないと事故のもとになります。

重厚感あふれるハイタイプは収納家具のひとつとしてリビングに。手軽に置けるロータイプはお部屋を広く見せてくれます。アジャスター脚付きなら高さを変えられます。伸縮タイプは幅だけでなく形も変えられるのでお部屋を選びません。引越しや模様替えが多い方におすすめ。コーナータイプは視聴距離を取りやすくお部屋を有効に使えます。1Rアパートや自室にいかがでしょう?お掃除のしやすさならキャスターもしくは脚付きのテレビ台を。

テレビ&テレビ台はリビングの顔。お部屋の印象がテレビ台によって大きくかわります。たくさん販売されているテレビ台の中から、お部屋にあった、自分好みの、長く愛用できるテレビ台を選んでくださいね♪

関連カテゴリー:おすすめテレビ台 一覧!

このエントリーをはてなブックマークに追加