Posted by

エアコンはいらない!扇風機で夏を涼しく過ごす方法!電気代も節約!

このエントリーをはてなブックマークに追加

150602_top
衣替えの季節になりました。いよいよサマーシーズン到来です★
薄着で身軽になり、キーンとする冷たいものもおいしい時季ですが、暑さだけはたまりません!
寒さは着込めば何とかなりますが、脱ぐには限界があります(笑)。

クーラーは快適ですが、冷えすぎて夏バテの原因にもなりますし、電気代も気が気ではありません。
扇風機をじょうずに使えば、エアコンがなくても快適に過ごすことができますよ♪

換気扇として機能させると・・・

150605_01
扇風機は人に向かって風を当てるのがフツウですが、お部屋の空気の入れ替えにも活用できますよ。
こんなとき ↓ ぜひ試してみてください♪
家の中より外が涼しいとき(朝晩・帰宅直後)
*ただし窓が2つ以上あるお部屋に有効

やりかたは簡単。
すべての窓を開け、ひとつの窓の近くに扇風機を置き、窓の外へ向かって扇風機を回します。
扇風機は背面から空気を吸って前に送風するしくみになっているので、部屋のなかの暑い空気を取り込んで外に押し出します。
そうすると部屋の中の気圧が低くなり(負圧)、開けてあるほかの窓から外の涼しい空気が自然に入ってくる、というしくみ。
帰宅直後のキョーレツに暑い部屋の場合、エアコンをつける前にこの作業をするとずいぶん違います。
窓がひとつしかない場合でも、温度が低めの廊下・隣室に通じるドアがあれば、ドアを開けて同じように試してみてください。(廊下や隣室の温度が高いと意味がありません)

ただし屋外の温度が部屋より高いときは、この方法はダメです。
そんなときは窓を閉め切り、外の熱い空気を入れてはいけません。むかしの人(!!) は、暑いとすぐに窓を開けたがりますが、逆効果です。
ちなみに日が当たるお部屋は、カーテンも閉めて遮熱してください。
窓の外にスペースがあれば「よしず」や「すだれ」を設置しても効果があります。

扇風機以上エアコン未満 とっておきの冷風扇!

150605_02
なるべくエアコンを使いたくないけれど、扇風機じゃ物足りない・・・という場合じゃ冷風扇がおすすめです。
扇風機の前に凍らせたペットボトルを置いて運転すると、送られてくる風がヒンヤリしてすごく気持ちがいいでしょう?
水(ペットボトル表面の水滴)が蒸発するときに空気中の熱を奪うため、温度が下がるのです。
そう、気化熱というやつです。

冷風扇は、この原理を生かしたもの。ペットボトルと同等の役目をする水タンクを内蔵した扇風機です。
プロペラファンのようなスタイルではなく、タワーもしくはボックス型。
場所をとらずコンパクトなうえ、フツウの扇風機のように持ち運びできます。

冷風扇は水を注入して使いますが、冷却パックがついているものもあり、よりクールな風を出すこともできます。
風を冷やすほどではないというときは、通常の扇風機と同じように使うことができます。
風量調整、首ふり、タイマーなどがリモコン操作できてエアコンなみの扱いのよさ!
もちろん電気代もオトクです。

アロマを風に

150605_03
涼しさを感じるのは何も実際の温度だけではありません。
涼感は五感で求めましょう!

最近の扇風機にはアロマパッドを入れることができるタイプがあります。
扇風機の風にアロマを乗せてみませんか。
体感温度が変わりますよ。

涼感アロマの代表はミント。
マイルドなスペアミントから、よりクールなスペアミントまでお試しあれ!
その他ユーカリ(除虫効果もあり♪)、レモングラス、柑橘系アロマなどがおすすめ。
リフレッシュ効果も期待できます。

扇風機で夏を涼しく過ごす方法まとめ

150605_04
暑いからといっきにエアコンにせず、扇風機を上手に使ってみませんか?
扇風機は同じようなタイプばかり購入せず、違うタイプのものをそろえるといいですね。
暑さによって使いわけたり、エアコンと併用するとエコです。

◆扇風機あるいはサーキュレーターでお部屋の暑い空気を追い出す(朝晩や雨のあと外が涼しいときなど)→ 窓を開け、窓ぎわから扇風機を外に向かってオン。
◆暑さを感じたらひとまず扇風機(DCファンのやさしい風は疲れません)を使ってみる
◆物足りなかったら冷風扇に替えてみる(冷却パッドやアロマで工夫)
◆それでも暑かったら最後の砦、エアコンの出番です

気がつけば、扇風機だけでこの夏を乗り切っているかもしれません★

今回紹介した扇風機はe-goods本店の扇風機特集でご覧いただけます!

このエントリーをはてなブックマークに追加