TYPEA・いつもフル回転!「食事は後回し」からの脱出。

忙しいひとに不足しがちなのは、「野菜」と「食事にかける時間」。
簡単・時短・美味しいに加えて、今ある食材で自由にアレンジできることで
食事のマンネリ化も解消できる優秀レシピです。

TYPE-A
お野菜たっぷり!簡単炊き込みごはん

お野菜たっぷり!簡単炊き込みごはん

材料(約2人分)

2合
しめじ
120g
にんじん
120g
油揚げ
90g
めんつゆ(自家製ねかせめんつゆ)
大さじ2
ごま油
小さじ1

作りかた

お米を洗い、浸水しておく(30分以上)
「ASAMI Lesson・お米をおいしくとぎましょう」参照
にんじんはスライサーでせん切りにしておく。
しめじは石づきを切り落としておく。
油揚げはせん切りにし、めんつゆ大さじ1とごま油小さじ1を
加え和えておく。
調味料の分と野菜から出る水分の分の水を減らす。
(だいたい大さじ3~4位)
めんつゆ大さじ1を加え軽くかき混ぜる。
油揚げ、しめじ、にんじんを加えて炊飯する。
  • にんじんはスライサーでせん切りに
  • 油揚げ、しめじ、にんじんを加えて炊飯する。

調味料は、必ずお米を30分以上浸水した後に入れてください。
今回はしめじとにんじんを使いましたが、基本どんなお野菜でもOK!
きのこのような水分のでやすい野菜を使う場合は、ごはんを炊くときの水を少し減らしてくださいね!

お米をおいしくとぎましょう!

Lesson1・お米をあらう
お米を洗うときは、大きめのボールを使いましょう。
水をボールいっぱいまで入れて、一回かき混ぜたらすぐに水を捨てます。
水を捨てたらすぐに新しい水を入れて、猫の手でボールの中を回るようにお米を洗い、水を捨てます。
またすぐに新しい水を入れ、もう一度洗い、これを2回ほど繰り返します。

ポイントは、たくさんの水で洗うこと。
そして、一回目に水を加えた時ゆっくり洗ってしまうと汚れた水をお米が吸収してしまうので、すぐに捨て、新しい水を入れること。
お米の汚れは、2回ほどで十分取れるので、水がきれいになるまで洗う必要はありません。

お米をおいしくとぎましょう

Lesson2・水加減と調味するときのコツ
炊飯器にあらったお米を入れ、炊飯器の指示線どおりに水を入れて30分以上置きます(浸水)。
醤油や塩などで味付けするときは、必ず浸水後に加えましょう。
水分がでる野菜などを一緒に炊く場合は、その分入れる水を減らすように心がけましょう。

小松菜とキウイのグリーンスムージー

小松菜とキウイのグリーンスムージー

材料(約2人分)

小松菜
2株
パプリカ
1/4個
キウイ
大1個
100ml

作りかた

小松菜は、根を切り落とし、5cm幅位に切っておく。
パプリカは、種を取り除き、一口大に切っておく。
キウイは、皮をむいて、四等分にしておく。
小松菜とパプリカと水を入れて、ボトルブレンダーか
ミキサーにかける。
キウイを加えて、さらにボトルブレンダーかミキサーにかける。
  • 小松菜とパプリカと水を入れて、ボトルブレンダーかミキサーにかける。

野菜不足の方には、手軽に野菜が摂れるのでオススメなグリーンスムージー。
ただし、ごはんの代わりにはなりませんので、注意しましょう!

TYPEB・大切な家族のために、「食」の役割を再確認。

こどもはもちろん大人でも、大切なのは「栄養のバランス」。
ご紹介するレシピは、おべんとうのおかずはもちろん、普段のおかずの主菜・副菜として
バランス維持に大活躍!!
家族みんなで一緒に楽しみたい、白玉粉を使ったおやつもどうぞ。

TYPE-A
お弁当にはやっぱりミンチ!ひじきハンバーグ & 鮭バーグ

お弁当にはやっぱりミンチ!
ひじきハンバーグ & 鮭バーグ

材料(各・小5個分)

*ひじきハンバーグ
鶏むね肉 or 鶏ミンチ
100g
ふたつまみ
ひじき
120g
木綿豆腐
90g
小松菜
大さじ2
焼き用油
小さじ1
*鮭バーグ
100g
玉ねぎ
40g
生姜のすりおろし
ひとつまみ
醤油
小さじ1
片栗粉
大さじ1
焼き用 ごま油
小さじ1

作りかた

*ひじきハンバーグ
小松菜は、根を切り落とし、5cm幅位に切り、
みじん切りにする。
鶏むね肉は、皮を剥いで、四等分し、チョッパーにかけ、
ミンチにする。(市販のトリミンチでもok)
ミンチに塩を加え、よくかき混ぜる。
ひじき、豆腐、小松菜を加え、さらに混ぜ、成形する。
油を熱したフライパンをで、ふたをして両面焼く。
*鮭バーグ
玉ねぎは、皮をむいて、みじん切りにし、
耐熱皿に入れ、ラップをし、レンジする。(800w2分位)
生姜は、皮をこそげ取り、すりおろしておく。
「ASAMI Lesson・ショウガのコウカ」参照
鮭の皮を剥いで、チョッパーにかけ、ミンチにする。
鮭ミンチ、玉ねぎ、生姜、醤油を混ぜ、最後に片栗粉を加え、
さらによく混ぜてから成形する。
成形して、ごま油を熱したフライパンで、ふたをして両面焼く。
  • 鮭の皮を剥いで、チョッパーにかけ、ミンチにする。
  • 鮭ミンチ、玉ねぎ、生姜、醤油を混ぜ、最後に片栗粉を加え、さらによく混ぜてから成形する。
  • 成形して、ごま油を熱したフライパンで、ふたをして両面焼く。

玉ねぎ、小松菜、ニラ、ネギ‥なんでも混ぜ込めちゃうミンチはお弁当の強い味方です!
ひじきハンバーグは、鶏ムネミンチに塩を加えてよくこねることで、グルテンが形成され、豆腐の旨味を閉じ込めてくれます。

わが家の定番 炒めアスパラとエリンギのごま和え

わが家の定番
炒めアスパラとエリンギのごま和え

材料(2人分)

アスパラ
6本
エリンギ
半パック
焼き用ごま油
小さじ1
(ごまベース)
めんつゆ(自家製ねかせめんつゆ)
小さじ1〜1+1/2
練りごま
小さじ1
すりごま
小さじ1/2

作りかた

アスパラとエリンギは5cm幅に切り、ごま油を熱したフライパン
で炒める。
ねかせつゆと練りごまを加え、さっと炒め、最後にすりごまを和
える。
  • アスパラとエリンギは5cm幅に切り、ごま油を熱したフライパンで炒める。

香ばしい風味たっぷりの胡麻和え。野菜やきのこをさっと茹でたり炒めたりして和えるだけ!
おべんとうの大敵・水分はごまがすいとってくれるので、おべんとう箱が横になってもだいじょうぶ!?

簡単・便利!ねかせだし&ねかせめんつゆ

「おだし」と「めんつゆ」。
どちらもいろんな種類がスーパーにも売ってあるけど、頻繁につかうものだからこそ、
安心できる材料で手づくりしてしまいましょう!

手づくりといっても、材料を用意して一晩置いておくだけ。
名づけて「ねかせだし」・「ねかせめんつゆ」。
お味噌汁やお料理の隠し味はもちろん、赤ちゃんの離乳食にも安心して使えます!

簡単・便利!ねかせだし&ねかせめんつゆ

Lesson1・「ねかせだし」
かつおぶし、昆布、にぼし、ほししたけ。
だしになる食材を水につけて一晩ねかせるだけで、おいしいだしが完成です。

材料例)かつおと昆布の混合だし・・・水 500ml、かつおぶし 1カップ、昆布 5×7cm角1枚
作り方)容器にかつおぶし、昆布、水を入れ、一晩寝かせ、使うときはザルでこす。

容器にかつおぶし、昆布、水を入れ、一晩寝かせ、使うときはザルでこす。

Lesson2・「ねかせめんつゆ」
こちらも材料を一晩ねかせるだけで完成!
めんのつゆ、だけではありません。お醤油変わりに少し使うと、全体の風味がぐっと良くなります!
一緒に寝かせたかつお節は捨てずに、一緒に和えたりご飯のお供にしてもGOOD。

材料)醤油 30ml、みりん 30ml、かつお節 1/2カップ、煮干し 5匹、こんぶ 5cm角1枚
作り方)容器に材料を全て入れ、一晩寝かせ、使うときはザルでこす。

お好みもっちもち焼き

お好みもっちもち焼き

材料(2人分)

白玉粉
50g
55~60ml
きゃべつ
80g
桜エビ(ちりめんじゃこでもok)
8g
焼き用油
小さじ1/2
お好みで
ソース
適量
マヨネーズ
適量
かつおぶし
適量

作りかた

キャベツはみじん切りにしておく。
白玉粉と水をよく混ぜる。
キャベツと桜エビを加えてさらに混ぜる。
油を熱したフライパンで両面焼く。
お好みで、ソースなどをかける。
  • 白玉粉と水をよく混ぜる。
  • 油を熱したフライパンで両面焼く。
ポタージュフォンデュ

ポタージュフォンデュ

材料(2人分)

玉ねぎ
120g
にんじん
100g
じゃがいも
30g
200ml
とろけるチーズ
50g
適宜(チーズの塩分に合わせて調整)
パン
適量
ささみ
適量
ブロッコリー
適量
レンコン
適量

作りかた

にんじん、3cm位の厚さのいちょう切りにする。
じゃがいもは、皮をむき、四等分位にする。
玉ねぎは、皮をむき、串切りにする。
水からコトコト煮る。 → これを潰せば離乳食になります。
柔らかくなったら、ブレンダーやミキサーで撹拌する。
チーズを加えて、溶かし、
フォンデュ鍋などで温めながら、野菜やお肉につけながらいただく。
  • ブレンダーやミキサーで撹拌する。

離乳食のあまりや、野菜スープのあまりをちょっと取り出して、とろーりヘルシーなチーズフォンデュに。
お休みの日の朝ごはんに、おやつの時間に、みんなでわいわい食べるといつもは食べない野菜もたくさん
食べてくれるかも?

小豆と黒豆のもちもちモッフル

小豆と黒豆のもちもちモッフル

材料(約2枚分)

白玉粉
50g
55ml
茹で小豆
大さじ1
蒸し黒豆
大さじ1
焼き用油
少々

作りかた

白玉粉と水をよく混ぜる。
あずきと黒豆を加えて、さらに混ぜる。
ワッフルメイカーで焼くか、油を熱したフライパンで両面焼く。
  • ワッフルメイカーで焼くか、油を熱したフライパンで両面焼く。

白玉粉を使った、外はカリッ、中はもちもちなモッフル!
お砂糖を加えなくても、茹で小豆と黒豆の甘味だけでじゅうぶんです。

ポイントは、混ぜるときのとろみ加減。普通の白玉をつくる時よりもやわ
らかめ、ホットケーキ生地程度のゆるさを目安にしてくださいね。

ポイントは、混ぜるときのとろみ加減。

TYPEC・カラダの内側から、美しく若々しい自分へ!。

カラダの材料たんぱく質、栄養満点のお野菜、腸をキレイにしてくれる味噌や塩麹などの発酵調味料。
このみっつがばっちり揃った美レシピを紹介します。
自家製のだしで作ったお味噌汁は絶品。いつもよりお味噌を少なめに作って味見してみてください。
旬の野菜をたくさん使ってアレンジしてくださいね。

TYPE-A
鶏むね肉のさっぱりジンジャー丼

鶏むね肉のさっぱりジンジャー丼

材料(約2人分)

鶏むね肉
100g
片栗粉
大さじ1
玉ねぎ
1/2個
豆苗
40g
生姜すりおろし
小さじ2
塩麹
小さじ2
醤油
小さじ1
みりん
小さじ1
焼き用油
小さじ1

作りかた

鶏むね肉は、繊維の方向を断ち切るようにフォークでさす。
一口大に切り、片栗粉をまぶしておく。
玉ねぎは、皮をむき、薄切りにする。
豆苗は、根を切り落とし、半分に切っておく。
生姜は皮をこそげ取り、すりおろしておく。
油を熱したフライパンで、鶏むね肉を焼く。
鶏むね肉に火が通ったら、玉ねぎ、豆苗を加え、炒める。
玉ねぎがややしんなりしたら、生姜、塩麹、醤油、みりんを加え、
さらに炒める。
ごはんの上に盛り付ける。
  • 鶏むね肉は、繊維の方向を断ち切るようにフォークでさす。
  • 玉ねぎがややしんなりしたら、生姜、塩麹、醤油、みりんを加え、さらに炒める。

ショウガのコウカ~下ごしらえのポイント

Lesson1・ショウガの効能
生姜には、白っぽく繊維が柔らかく爽やかな辛味がある新生姜と、収穫後2ヶ月以上保管された、色は濃く繊維質があり辛味が強いひね生姜があります。
ショウガを食べると体がぽかぽかしてくるのは、ショーガオールという成分が関係していると言われています。ショーガオールは、加熱すると作られますので、体を温めたい時は、加熱したものを食べましょう。

風邪のひきはじめ、冷え性予防、血行促進などに効果が期待できます。
ショウガは、他にも、殺菌作用、抗酸化作用、健胃作用があると言われています。
お刺身の添え物、美肌、消化不良や、乗り物酔いなどに効果が期待できます。

Lesson2・ショウガの皮剥きのコツ
生姜の香り成分や辛味成分は皮のすぐ近くに多く含まれています。
皮を包丁で分厚くむいてしまってはもったいない!
スプーンでこそげとると、薄く表面の汚れだけがとれ、栄養成分は守られます。

生姜の香り成分や辛味成分は皮のすぐ近くに多く含まれています。
こんがり厚揚げとえのきの味噌汁

こんがり厚揚げとえのきの味噌汁

材料(3人分)

厚揚げ
160g
えのき
70g1
だし(自家製ねかせだし)
250ml
味噌
大さじ1
ねぎ
小適量

作りかた

厚揚げは、熱したフライパンで両面焼き、軽く焦げ目をつけ、
一口大に切っておく。
えのきは、石づきを切り落としておく。
ねぎは、みじん切りにしておく。
鍋に、ねかしだしとえのきを入れ、火にかける。
えのきに火が通ったら、厚揚げを加え、火を止めて味噌を溶かす。
  • 厚揚げは、熱したフライパンで両面焼き、軽く焦げ目をつけ、一口大に切っておく。