Posted by

部屋をおしゃれに見せる間接照明テクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加

間接照明メイン画像
おしゃれなカフェや雰囲気の良いホテルはまったりリラックスできますよね。場合によっては、なぜか自宅よりゆったりできる……という方もいらっしゃるかもしれません。

その鍵を握っているのが……光。人間が空間で「ホッ」とする要因の一つが光なのだとか。
照明は太陽を連想させ、配置する位置によって心理状態が変わってくるそうですよ。つまり、間接照明をうまく利用すれば超リラックスできるお部屋づくりができるかもしれませんね。

ただ……リラックスできるお部屋も心惹かれますが、できればおしゃれさも追求したいもの。
今回はカフェやホテルから学ぶ!部屋をおしゃれどが格段に上がる間接照明テクニックをお教えしますね。

基本は「壁に光を反射させる」

正直、間接照明ってなんとなくイメージはできるけれど実際何なのか分からない……といった方もいるかもしれませんね。普通の照明は電球や蛍光灯の光でそのまま室内を照らしますが、間接照明は名前のとおり間接的に空間を照らす方法。

光と影の濃淡が出るのでお部屋に立体感を生み出し、ほのぐらいムードがリラックスさせてくれるはず。

一般的なのは壁に光を照らし反射させ、室内を明るくする方法です。
よくある淡いオレンジ色の光で照らす照明=間接照明ではありません。

OTOGI

お部屋全体を間接照明にしたいのならば「天井」

Slimac-アナザーガーデン-LEDライト-クルックス間接照明は当たり前ですが、普通の蛍光灯よりも照らす力は弱まります。

とは言え、暗い中で生活するのはちょっと不便ですよね。そんなときは天井を照らすタイプの間接照明がおすすめ。

お部屋全体にムードのある光を拡散し、おしゃれな雰囲気に包まれるだけでなく、手元も見えやすいので実際に暮らしやすいですよ。

強調させたいときは「スポットライト風」

お部屋をさらにおしゃれに見せたいのであれば、インテリアにスポットライトを当てるように間接照明を使用してみましょう。お気に入りの絵画やインテリアアイテム、ドレッサーなどがおすすめ。

そんなに目立たせたいアイテムがない……という方はテレビの裏の壁を照らしすのも。
視線が集まり普通のテレビがおしゃれに見えるだけでなく、視聴もしやすくなりますよ。

フォーチュン-リモートシーリングランプ

実用性とおしゃれが同時に叶う「ソファー横」

ソファ横間接照明
ソファーで過ごす時間が多いのであれば、横に間接照明を置くとおしゃれな雰囲気に。

恋人同士とまったり……なんて機会が多い(うらやましい)方にはぴったりですね。

また、間接照明の種類によっては読書もできるので、実用性も◎。

さらにリラックスルームにしたいのであれば「観葉植物」

観葉植物おしゃれなだけでなくさらにまったりできるお部屋にしたい場合は、観葉植物の裏の壁を照らすのも◎。

間接照明のあたたかな光とグリーンがマッチして、くつろぎの空間に早変わり!ただし、熱に弱い植物もあるので品種選びやお手入れには気を付けたいところです。

間接照明テクニックまとめ

冒頭で触れた間接照明の配置する場所によって心理状態が変わってくる件、実は太陽の動きや色に合わせた方が良いそうです。

例えば高い位置で明るめの電球(青白い蛍光灯系の光)を利用することで朝のようなスッキリとした気分になり、アクティブに過ごせるでしょう。

逆に夕方~夜は夕日や月の光をイメージさせるオレンジ色の電球が落ち着いた気分にさせてくれるのでベスト。

とはいえ、間接照明の電球を取り換えるのは現実的ではありません。あなたのライフサイクルから「この場所の間接照明は、夜使うかな~」といった場所はオレンジ系を配置、「この部屋は書斎だから頭をスッキリさせたい!」という場所は白色の電球を利用してみるなど、工夫してみるのも楽しそうですね!

最後に……間接照明はおしゃれではありますが、真っ暗になったり暮らしづらくなっては意味がありません。他のライトやおしゃれなシャンデリアなどを利用して、間接照明の良さを活かしつつ生活しやすいお部屋づくりをしていきましょう。

WARP ペンダントライト

【関連カテゴリー】

部屋をおしゃれに見せる間接照明はこちら!

このエントリーをはてなブックマークに追加