Posted by

【実際に使ってみました】大人のかき氷器でひんやりデザートもおもてなしの一品も全部できちゃいました!(レビュー)

このエントリーをはてなブックマークに追加

re_20150702_top
もう季節は夏。つめた~いおやつが食べたくなりますよね。
日本の夏のおやつと言えば……かき氷!私の小さなころは手動で一生懸命カキカキしていましたが(昭和ですみません)、今や全自動が当たり前。

我が家でも全自動かき氷器を導入して便利になったな~なんてしみじみ感じていたのですが、どうやら時代はさらに先を行っていたようです。

今回は思わずびっくり!「大人の氷かき器」についてご紹介しますね。

そもそも「大人の氷かき器」って?

1
家電メーカーであるドウシシャが製造販売しているこちらの商品。
ドウシシャと言えば扇風機のカモメファンが注目を集めている会社です。
大人のかき氷器は従来のかき氷器とは違い、ネーミングの通り大人も使えるアイテム。

かき氷器と言えば据え置き型でしたが、大人のかき氷器はハンディタイプ。
大人の一人暮らしのキッチンに置いても邪魔になりません。

さら注目していただきたいのが……大人のかき氷器は、味付きの氷も使えること。
従来のかき氷器は水で作った氷のみ使用可でした。場合によっては専用の製氷機で作ったものだけ使用可といった制限も。

しかし、大人のかき氷器はアルコールが含まれているモノ以外はすべて削れます。ジュースを凍らしたものでも使用可能!

しかもバラ氷も使えるのもうれしいポイント。
自宅の製氷機はもちろん、コンビニで買ってきた氷でもOKです。
つまりはアレンジ次第で従来のかき氷だけでなく料理にも使えるという、まさに大人のためのかき氷器!

使い方はとっても簡単♪

さて、気になる使い方。とってもシンプルなボディなので使い方に迷うことはないでしょう。手順をまとめてみますね。

2
1.本体上下を分離して、下のメモリ付近にまで氷を入れます。入る氷はこれくらい。

3
もちろん氷の大きさにもよりますが、結構入りますよね。

4
2.氷を入れたら本体の上部分と下部分の▼と▲を合わせて、隣の▲部分までひねる。そうすると本体の上下がロックされます。

3.本体のスイッチをおせば削れた氷が出てくるので完了
わざわざまとめるまでもない簡単さ(笑)

スイッチ部分も固くないので、お子さまでも大丈夫そうです。

レシピ本を参考にいろいろ作ってみました -ドリンク編-

いろいろできそうだけど何を作って良いのやら……という方向け(?)にレシピ本が入っているます。しかも水に強いコーディングがしてある心配りがにくいです。

5

大人のかき氷器を手にしたら絶対にやってほしいのがお酒でのアレンジ。
レシピ本でも大人のかき氷器×アルコールメニューが多数提案されています。

冒頭でも少々ふれたのですが、アルコール自体を凍らせるのは不可。
ただし炭酸やジュースといったものは凍らせても良いので、削った氷でお酒を割る使い方が良さそうですね。

さて、実際に作ってみたのがコチラ。決して料理上手ではない私でも簡単につくれちゃいました。……なんせ凍らせて削るだけですから。

● 梅酒レモンサイダー
6
氷にするドリンク:サイダー(ゼロカロリータイプは不可)

レモンをくし切りにして、梅酒とソーダ水で割って軽く混ぜます。
今回はミントも入れてみました。

さらにレモン(果汁用)を絞り、その上から氷を削るだけ。

とっても簡単にしゅわしゅわ美味しいアルコールドリンクが完成。

スプーンでかき氷のように食べることもできるので、大人のデザート感覚でも楽しめるのもポイント高し。

● シャリシャリモヒート
7
氷にするドリンク:水

普通はライムを使うのですが、なかったのでレモンで代用。

レモンでもさっぱりとおいしかったです。グラスにホワイトラムとミントの葉、砂糖(またはシロップ・私がガムシロップを使用)を入れて混ぜます。

ミントの風味が出るようにちょっとつぶすように混ぜるのがポイント。

そこにレモンを入れて、上から削った氷を入れればできあがり。
お店で飲むようなモヒートが家で簡単に楽しめます。

ミントは生命力の強い植物ですから、自宅で簡単に栽培が可能。
私の知り合いは自宅栽培のミントでおいしくシャリシャリモヒートを楽しんでいるそうです。うらやましい!

8
このようにお酒に応用が利くのが大人のかき氷器のうれしいところ。
この他にもリンゴジュースを凍らせて白ワインの上で削れば、サングリア風のできあがり。
ノンアルコールカクテルにももちろん使えます。

いつもは普通に氷を入れてロックで楽しんでいる方こそ、夏はシャリシャリと違った喉越しになるので最高。
見た目も涼しげ、そしてバーのような一品が自宅でもできるので、おもてなしにも使えますね。お酒好きな私としては、暑い日の定番になりそうです。

レシピ本を参考にいろいろ作ってみました -おもてなし編-

飲み物はもちろん、料理にも使えます。今回は夏のおもてなし料理を1つ作ってみました。

● 彩りルビーサラダ
9
氷にするドリンク:100パーセントグレープフルーツジュース+塩少々

まずはグレープフルーツジュースに塩を少々入れたものを凍らせます。
ルビータイプを選ぶと見た目が華やかになるのでオススメ。
次にトマトの輪切りとグレープフルーツ(果肉だけ)をよく冷やしておきましょう。
食材は冷やしておくと氷が溶けにくくなりますよ。

その間にパプリカを用意。赤と黄色があるとキレイなのですが、今回は黄色のみを使用。魚焼きグリルで皮面を下にして弱火でじっくり焼きます。皮が黒くなったらグリルから取り出し、黒い部分をむいちゃいます。最後に一口大に切ってください。

冷やしておいたトマトを皿の下に敷き、パプリカやグレープフルーツをバランス良く配置。オリーブオイルを回しかけ、最後に氷を削れば終了。
手間がかかっているように見えて実はとっても簡単。見た目が本当に夏らしいので、おもてなし料理にはピッタリ。さっぱりしているので、食欲がないときでも食べられそうです。

この他にも、コンソメスープを凍らせてパスタにかければ「冷製パスタ」のできあがり。季節の野菜を焼いて乗せればレストランにも負けない一品になります。
デザートやドリンクだけでなく、調理にも使えるのがうれしいですね。

せっかくなので自己流アレンジも楽しんでみます

これまでご紹介してきたドリンクも一品もとっても簡単。でも、もっと手軽に忙しいときでも大人のかき氷器を使えないか……そう考えた私はこんな感じで自己流アレンジしています。

10
これ、何だか分かりますか?


チョコレート?違います。
実はめんつゆを凍らせたもの。ちょっと濃い目にして凍らせています。

こちらを冷凍うどんの上にかければ……
12
しゃりしゃりぶっかけうどんのできあがり。
どんぶりに薄めためんつゆを少量入れておくと、上に載っているしゃりしゃりが溶けやすくなって最初から最後まで美味しく食べられます。

家にあった残りモノのシソと玉子、冷凍うどんだけでこんな一品に変身。手抜きなのに、凝ってる風に見えませんか?(笑)

13
さらに私がハマっているのがコチラ。マンゴーベースのフルーツ野菜ジュースをそのまま凍らせてしまいます。

そして適当な大きさにカット。
14

そのまま削れば「マンゴーかき氷」の出来上がりなのですが、さらに冷凍マンゴーを追加。
15
台湾のかき氷っぽくなりました!どちらもコンビニで買えるのでぜひ試してみてくださいね。

この他にもアルコールではない液体ならばOK。調理にもデザートにも何にでも使える頼もしい子なんですよ。

まとめ

お子さんのいる家庭でも、一人暮らしでも使える「大人のかき氷器」。
20150704_16
スリムなボディはもちろんのこと、デザインもシンプルで素敵ですよね。
付属のスタンドを使って立ててみると、一見かき氷器だとは分からないほど。

20150704_17
そして、本体は丸洗いできるので衛生的。前に削った氷の色が残ってる~なんてことはないので安心です。

ただ本体には上下共に刃がついているので、お子さんのいる家庭では大人の方が洗ってくださいね。

価格もお手頃なので、夏のギフトにもオススメ。

■大人の氷かき器 電動式の商品ページはこちら


■大人の氷かき器 コードレスタイプ 電動式の商品ページはこちら

暑い夏を「大人の氷かき器」と一緒に乗り越えましょう~。私もまだまだオリジナルの使い方を試していきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加