Posted by

ハンガーラックを上手に使いたい!置き場所&タイプ別おすすめ集

このエントリーをはてなブックマークに追加

hangerrack2_top

四季のある日本では、衣類替えは生活の一部。
特に上着類やシーズンによって使い分けるバッグや帽子のようなアイテムはいちいちクローゼットにしまい込まずに、さっと取り出してパッと使いたいもの。そんなときには、ハンガーラックが大活躍ですね。

ひとくちにハンガーラックといってもいろいろな種類がありますが、まずはどの場合も共通する上手な使い方をご紹介しましょう。

*使うハンガーを同じ種類に統一しましょう。(もちろんハンガーの向きもそろえましょう)
*できるだけ丈をそろえて掛けましょう。短いもの → 長いものへ順番に。
*同じ丈の服が多い場合は、色別で並べてみるのはいかが?同じ系統の色が多いなら 濃い色 → 薄い色のようなグラデーションに。

hangerrack2_12
■Rita ハンガーラック

ゴチャゴチャしていた印象が少しの工夫で見ちがえるほどスッキリきれいに片付きます♪それでは、使い勝手の良いおすすめハンガーラックを4つのタイプ別にピックアップしましょう。

★省スペースなら‥‥

断然立てかけ式!機能とデザインを両立させたスタイルですね。立てかける壁さえあれば場所を選ばないので、小さめのお部屋にぴったり。チョイ掛けにもベストです。

hangerrack2_03
■LINE スリムコートハンガー

普段は使わないけれど、来客時や上着を多用する寒い季節だけ玄関先に置いても良いでしょう♪つっかえ棒のようなシンプルなものから、ラダー(はしご)状のものまでいろいろな形状があり、大きさもさまざまです。S字フックを一緒に使えば小物収納もOK。

hangerrack2_01
■tower ラダーハンガー

ラダータイプはショップディスプレイ風で、収納というよりインテリアとして使うとお部屋がおしゃれに。使いやすくて設置も簡単な反面、単脚タイプのものは安定感に欠けるので、お子さんやペットのいるご家庭では設置にご注意を。

hangerrack2_02
■tower シェルフ付き コートハンガー

★しっかり収納したいのなら‥‥

据置き型のハンガーラックはクローゼットのないお部屋でも十分な収納力を発揮します。安定感抜群なので厚手のコートなどを掛けても安心!

hangerrack2_06
■Darts スライドハンガーラック

棚や引出しが付いているタイプなら、帽子やバッグなどの小物もしっかり収納。ひとつあれば、衣類の整理がぐんと楽になります。

hangerrack2_04
■ZAGA ハンガーラック 75

サイズは、幅や奥行きなどお部屋の大きさに合わせて選びましょう。「やや小さめ」サイズがポイントです。収納はコンパクトにすることが鉄則ですからね。

hangerrack2_07
■tower コートハンガー ワイド

据置き型のデメリットとしては、箱モノのタンスに比べると圧迫感はないものの、立て掛け式に比べると接床面が広いので、どうしてもスッキリ感に欠けます(>_<)

hangerrack2_05
■Shuqule ハンガーラック 幅60cm 引き出し付

キャスター付きなら移動ができてお掃除もラクですが、掛け過ぎると重くなるので注意しましょう。

★使わない時はしまっておける‥‥

折りたたみ式ハンガーラック。自立式なので、壁がなくても大丈夫。安定感がありながら、据置き型と違って軽さもウレシイですね。使わないときはたたんでおけば邪魔になりません。

hangerrack2_08
■reason スクリーンハンガーラック

ハンガー収納としてはもちろん、室内の物干し台としても活用できるのがメリット♪背が低いタイプならお子様にも使いやすく、散らかりがちな小さな洋服も片づけやすく、子供部屋にもぴったりですね。

hangerrack2_09■Melty 折りたたみ木製 コートハンガー

ナチュラルなウッド調のものは、お部屋に合わせやすくインテリアとしても◎。

★小物の収納なら‥‥

ポールハンガーが便利。玄関などの狭い場所にも設置でき、デッドスペースになりがちな部屋の隅を有効に活用できます。

hangerrack2_10
■FORESTA ポールハンガー ウォールナット

特に形や大きさがまちまちのバッグや帽子は収納場所に悩まされますが、これひとつあれば十分。スカーフやマフラー、ベルトなどの小物もきっちり片づけることができます。

hangerrack2_11
■Rita ポールハンガー

デザイン性に優れているポールハンガーは、何もかけてなくても(!?) お部屋にマッチします。

まとめ

ハンガーラックを玄関やリビングに置いて収納スペースを作ると、ついつい掛けすぎてしまいがちです。ラックを買う前に、
*洋服全体をしまうのか
*使う頻度の高いものを入れ替えて使うのか

目的をはっきりして、置く場所とラックの大きさを確認してから買いましょう。収納機能はもちろん、ハンガーラックは「目に見える収納」なのでお部屋になじむ素材をチョイスしましょう。
*モダンなアイアン
*優しくて温かみのあるウッド
*軽快なプラスチック

素材によってずいぶん印象が変わります。お部屋のスペースを生かしてハンガーラックで収納上手になりましょう♪

⇒コートハンガー 一覧はコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加