Posted by

ぐっと雰囲気のあるお部屋に♪おすすめアートフレームと飾り方のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

artframe_top

お部屋の模様替えをしたい!――そんなとき、あなたはどうしますか?細かな部分を変更しただけではなかなか雰囲気は変わらないもの。だからといって新たにインテリア家具を購入するのはちょっと大変ですし、壁紙を変えるのもなかなか現実的ではありません。

しかし、少しの手間でお部屋の雰囲気が一気に変わるアイテムがあるんです。今回は模様替えを考えている方は必見!「アートフレーム」についてお話していきます。

■ 「アートフレーム」って何?

artframe_01
簡単に言うと部屋に飾るフレームに入ったポスターを指します。フレームに入った紙のポスターはもちろんのこと、パネルタイプ(アートパネル)、サインボード、ウォールアートも同様の使い方ができます。

紙製、布製、木製などアートがプリントされている材質によっても雰囲気が変わるのもおもしろいところ。

artframe_02
壁に張るだけで存在感があるので、模様替えにはぴったり。簡単に取り外しができるので、その日の気分や来客に応じて替えるのも楽しいですね。

では、実際にアートフレームはどのように使うとオシャレな雰囲気になるのでしょうか。コツをお教えしましょう!

artframe_03
○ 1.壁に立てかけてみる

デスクの上やクローゼットの上に空白部分はありませんか?そこにアートパネルなどを置くだけでお部屋のポイントになります。フックも穴あけも不要なので、今すぐにでも取り入れられる方法ですね。

文具など細かなアイテムが多いデスク周りは、大きなウォールアートをドンッと置くよりも、小さなサイズをいくつか置いた方がバランスが良くなります。写真立てにお気に入りのポストカードを入れるのも良さそうです。

artframe_04
○ 2.床に置いてみる

アートフレームは床に直接置いて使うこともできます。特別な台は不要で、お部屋の中の空白になっている部分に置くだけで一気におしゃれな雰囲気に。ただし倒れやすいのでストッパーになるモノを使うと◎。

artframe_05
○ 3.いくつか並べてみる

アートフレームは1枚だけでなく複数飾ってもおしゃれです。同シリーズの別デザインを飾って統一感を生むのも良いですし、あえて違ったサイズを並べるのもモダンな雰囲気になります。

artframe_06
○ 4.カラーを合わせて飾ってみる

3でも触れたとおり、アートフレームは複数を飾っても◎。ただ、あまりにも雑多に飾り過ぎてもゴチャゴチャとしてしまいます。そういうときは色を合わせてみましょう。違ったテイストのアートフレームであってもカラーが同じであれば不思議と調和した雰囲気に。アートフレーム・上級者の取り入れ方です。

artframe_07
○ 5.植物と一緒に飾ってみる

アートフレーム単体を飾っても良いですが、植物と合せてみるのも雰囲気が出ます。特に飾っている植物と関係のあるポスターをチョイスすればユーモアのあるインテリアに。お花の場合はカラーを合せるのも良いですね。

■ 厳選!おすすめアートフレーム

実際にアートフレームやウォールアートを取り入れてみたい!そんな方におすすめの使いやすいと評価の高いアートフレームを集めてみました。

【アートポスター AW A2・A3・A4サイズ】
artframe_08

コチラのアートポスターはなんと手作業で製作しています。そのため、独自の温かみのある雰囲気が魅力。ポスター素材はキャンバス、枠はウッドでカジュアルな雰囲気です。シンプルなのでどんなお部屋にもマッチしますよ。

大きさもA2・A3・A4と3サイズ展開。同じサイズを選択しても良いですし、あえて違ったサイズを選ぶのもおもしろいですね。

【ファブリック アートパネル Navia】
artframe_09

人気のカフェ風、北欧風のお部屋にマッチするのがコチラ。外国の生地屋さんを思わせるアンティークなデザインと雰囲気はお部屋のメインインテリアとして飾りたくなるかわいさです。

天然木のフレームは白でペイントされているのですが、シャビー加工をほどこし独自の風合いをプラス。ファブリックもコットンや麻、レースが使われているなどかなりこだわったディティールが魅力。ディッシュやポットはダイニングテーブルやキッチンに飾りたい!

【木製 サインボード Noid】
artframe_10

より個性的なアイテムを探しているのであればコチラ。アンティーク加工されたサインボードは存在感抜群です。雨ざらしの看板の錆びた質感、変色、経年による痛みも忠実に再現されていて、よくある見せかけアンティーク調ではない、ワンランク上の本物感があります。

ちょっと目立ち過ぎるかな?と思うかもしれませんが、さまざまなテイストのお部屋とマッチする優秀アイテム。例えばシャビー、カフェ、ヴィンテージ、西海岸風など最近人気のテイストのお部屋に違和感なく使えますよ。

■ まとめ

アートフレームには興味があるけれど、賃貸なので壁に穴があけられない……といった方も多いでしょう。壁に立てかけるのも手ですが、脱着式のフックを使ってみましょう。最近では壁を傷つけないタイプが多数登場。ホームセンターやネットショップでも気軽に購入できるので、ぜひ検討してみてくださいね!

簡単なのにお部屋の雰囲気がグッと垢抜けるアートフレーム、本当におすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加