Posted by

小型犬と快適に暮らす、インテリア実例。

このエントリーをはてなブックマークに追加

20170213_top

こんにちは、いけちゃんです。今回のe-goodsプレスはスタッフの日常より、ひとネタ。写真とテキストを綴りたいと思います^^ よろしくお願いいたします。

20170213_01

さて、今回のテーマは『ペットとインテリア』です。
私事ですが、おうちでは愛くるしい愛くるしーい”トイプードル”ちゃんと暮らしております。そのこともあり、この度の記事を書く”白羽の矢”が立ちました。

20170213_02

わんこと暮らし始めて、まだ数年ですが、一緒に快適に暮らせるよう学んだインテリアのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

※すいません。今回はわんこ(ほぼ小型犬)に限ってのお話しとなります。

■ 運動できる空間を。

20170213_03

お散歩大好き、運動大好きなワンちゃんは、家の中でも好きなように動きたいはず。 海外では、ワンちゃん専用の部屋があったりしますが、一般的な日本のお家事情ではなかなかそうもいきません。

人もワンちゃんもが快適に暮らすポイントとしては、まずは”一緒に過ごすお部屋”の家具を減らすことではないでしょうか。

20170213_04

うちでは、ワンちゃんが来てから試行錯誤を繰り返し、結構な家具の入れ替えを行いスッキリさせました。

特に、一緒に過ごす事の多いリビングは、テレビ台、本棚、サイドテーブルは別部屋に移動。椅子の数も減らしました。今では快適に走り回っておられます。

20170213_05

また、”床に接する家具”の使い方を考えてみるのがおすすめです。例えば棚や収納ボックス。床上にどんっと配置するタイプではなく、手に取りやすい高さの壁に設置するものに変えれば、床から棚までに空間が生まれます。 反対にソファや椅子などは低いタイプに変えることで、ワンちゃんも一緒に座れて動ける空間が広がりますよ。

■ 滑らない床に。

20170213_06

広くなったお部屋。

走り回る愛犬。

走り回る愛犬。

走り回る愛犬。。。。あ、滑った。

ワンちゃんと一緒に暮らす、かなりの方が気にする問題としてフローリング問題があります。人間にとっては、あたりまえの床なのですが、ワンちゃんにとってはチョット過ごしづらいんです。 室内で暮らすワンちゃんの腰や膝が悪くなってしまう原因にもなるので、滑らない工夫をしてあげましょう。

20170213_07

お部屋全体を絨毯式に!が理想ですが、コストが非常にかかります。僕の家では、よく遊んでいるリビング中央に大きめのコットンラグを敷きました。これだけでもずいぶん滑らなくなるものです。汚れたら洗濯もできるタイプなので、定期的に洗って清潔に使えますよ。

20170213_08

また、組み合わせて使えるジョイントマットもおすすめ。汚れた箇所だけを取り外して、こまめにお手入れできるのが嬉しいポイントです。

■ 冬の快適空間 こたつ。

20170213_09

見出しの通り。人もワンちゃんもやっぱり暖かいコタツが大好きです。こたつは敷き布団がセットなので、前項でお伝えしたフローリング対策にもなります。冬は、一緒にあたたまってゴロンと横になれる至福の時間を過ごしましょう。こたつは足をゆったりと入れられる、フラットヒーターのものがおすすめです!
※飼い主さんと一緒でない時は、こたつの電源は切ってくださいね。

■ さいごに。

20170213_10

そんなわけで、ごらん頂きましたようにどっぷり愛犬家の僕です。これからも、我が家のカワイ子ちゃん(犬・男の子)が、快適に暮らせるようにお部屋づくりと日々の生活を楽しみたいと思います。

愛犬家のみなさまのご参考になりましたら幸いです。それでは、また。

■ペットも一緒に座れる、カウチソファ ローソファはこちら。
■フローリングを滑りにくく。ラグ・マットはこちら。
■愛犬と一緒にごろり。こたつはこちら。

このエントリーをはてなブックマークに追加